未分類

from 社会福祉法人創思苑 https://ift.tt/38XIs0x via IFTTT

2021年03月26日

第55回『きぼうのつばさ』 2021年3月26日(金)放送をご案内いたします。 ★パンジーメディアHP  http://pansymedia.com ◇イチオシ 「私の歴史スペシャル4~もっと話をきいてほしい いっしょにかんがえてほしい~」 この1年で「私の歴史」を語った人は7人。 それぞれが心のおくにとじこめてきた思いとは… ◇見どころ 「私の歴史スペシャル4~もっと話をきいてほしい いっしょにかんがえてほしい~」 これまでの4年間で、36人のなかまが「私の歴史」を語りました。 それぞれが心のおくにとじこめていたつらい思い。 私の歴史を語った後、そのトビラを開いたかいほう感を感じたようでした。 「もっと話を聞いてほしい。いっしょに考えてほしい」 との思いがつたわってきました。 自分の人生を語ることは、語った本人だけでなく、まわりの人もかえてきました。 4回目をむかえる「私の歴史スペシャル」。 この1年間で、私の歴史を語ったのは7人です。 一人一人の人生には、その人の今に大きなえいきょうをあたえていることがあります。 今回は、それが何だったのかを、 「入所施設」「家族」「重複の障害を持つ」 の3つのしてんでお送りします。 <入所施設でくらすとは> 四田敏男さん、三谷浩美さん、大城二三夫さん。 入所施設に入らなければならなくなった3人が そこで体けんした自分ではどうにもできなかった思いを語ってくれます。 入所施設の時の話は、聞くだけでもつらくなります。 そして、今の自分らしくくらせる生活があるからこそ むねの中にとじこめてきた入所施設の時のことを語ることができたのだと思います。 <家族とは> 知的障害者にとって、家族はとても大きいそんざいです。 しかられたりたたかれたりすることが多いかんきょうで育った人。 家族に守られて育った人。家族とのかんけいはさまざまです。 だれも自分で家族をえらんで生まれることはできません。 だからこそ、自分の人生は自分でえらんで進むことが大切なのだと思います。 知的障害者にとって家族とは何なのかを 谷口幸子さんと山下寿枝さんの「わたしの歴史」から探ります。 <重複障害を持つとは> 知的障害だけでなく身体障害も持ち 子どものころからきのうくんれんをするために 親とはなれてくらすことが多かった岡本智さん。 体も弱く入院をすることが多かった坂田次美さん。 それでも、くじけないでがんばってきた2人の語りから、 どんな障害を持っていても頑張って生きていく力強さがつたわります。 以上、3つのしてんでお送りする 「私の歴史スペシャル4」。 ぜひ出えん後の7人の表情にもご注目ください。 春風とともに みなさまにお幸せがおとずれますようおいのりいたします。 *********************** 私たちは、知的障害のある人の暮らしや思いを 自ら社会に向けて発信することで、 社会を変えていきたいと願っています。 出演者や製作スタッフは、当事者と支援者です。 それぞれが自分の役割を持ち、協力して作っています。 1ヶ月に1回、新しい番組を放送しています。 ぜひシェアをお願いします。

from 社会福祉法人創思苑 https://ift.tt/38XIs0x via IFTTT

2021年03月26日

3月20日(土)グループホームさくらの大川さん、大深さん、仁木さんの3名は、春の陽気に誘われて大阪城公園まで、ガイドヘルパーを利用して散策に出かけました。 大阪のコロナ警戒信号が赤から黄に変わり、久しぶりに電車で移動し、みなさん気分が良さそうです。 その中でも大深さんは、気分が表情に出やすい人で、この日はずっとニコニコと「あかん、あかん」とよくヘルパーにしゃべりかけてきました。 「あかん」とは「こんなことしたらあかんよなあ」と大深さんなりのコミュニケーションです。実際は、自販機を指差して、“ジュースが欲しいんだけど・・・”のように言ってみたり、たいしてあかんことではありません。 昼食は森之宮の餃子の王将。大深さんはいつも、デザートにゴマ団子を注文するのですが、この日は気分を変えてみたかったのか注文せず、デザートは、屋台のソフトクリームと決めていたようです。 中華をたらふく食べた後は、ソフトクリーム目標に、時折駆けだしたりしつつも、大阪城のお堀周辺の散策をしました。 大深さん、興味のあることにはじっと注目したりするのですが、この日は桜や風景より、久しぶりに晴天の中、出かけられた解放感を味わっているようでした。 コロナの影響もあり、3人の好きなホテルバイキングにはなかなか行けないのですが、また行けるようになればいいですね。(吉竹)

from 社会福祉法人創思苑 https://ift.tt/38XIs0x via IFTTT

2021年03月24日

from 社会福祉法人創思苑 https://ift.tt/38XIs0x via IFTTT

2021年03月19日

創思苑のグループホームで暮らす人たちは、自立を希望した人、施設から出て地域で暮らすようになった人、親が高齢になり一緒に暮らすことができなくなった人など様々です。 高山さんは、お母さんと二人暮らしでしたが、お母さんの認知症が進んだことで、一緒の生活ができなくなりました。そこで高山さんはグループホームで暮らすことになりました。  今まで歩く機会が少なかった高山さん。引っ越しをしたグループホームには、下の階までしかエレベーターが来ず、1階分歩いて上がらないといけません。お風呂の浴槽も深く、またいではいれるのかと心配しました。  日中の場で階段を歩いてみました。グループホームの階段でも歩いてみました。ゆっくりですが、いけます。風呂場のほうはすのこを引き、またぎやすいように改装しました。  それから、1年が経ちました。高山さん、階段をしっかりした足取りで上り下しています。足のむくみが少なくなり、体が軽くなりました。風呂場のすのこも取り外しました。 「できるの?」「大丈夫?」という言葉は、いらない言葉でした。やってみないとわからない。やってみたら、できるもんです。環境が変わると人も変わります。  そんな高山さん、意思疎通がうまくいくと、ニコッと笑って「ありがとう!」と言ったり、手を握ってニコッとされます。これからも高山さんの生活を一緒に築いていきたいです(中村)

from 社会福祉法人創思苑 https://ift.tt/38XIs0x via IFTTT

2021年03月17日

from 社会福祉法人創思苑 https://ift.tt/38XIs0x via IFTTT

2021年03月12日

Copyright © 2017 社会福祉法人 創思苑 All Rights Reserved.