パンジーメディアが映像制作会社に?! なんてことになるかもしれません。 放送を始めて5年。影響は様々なところに広がっています。知的障害のある人たちの生の声を聴きたいという方々から、映像制作依頼がきています。これからも、よい番組を作って当事者の熱いメッセージを発信していきたいね! と、みんなで話しています。  第64回『きぼうのつばさ』2021年12月24日(金)放送をご案内いたします。見ていただき、感想やご意見をお寄せいただくと、とてもうれしいです。 ★パンジーメディアHP https://pansymedia.com *☆* イチオシ ★ドキュメント「健司は健司のままでいい③」 入所施設に入るかもしれなかった上田健司さん。地域で自立を目指して1年半。どんなに障害が重くても地域で自分らしくくらすことができる。その可能性を追いました。 *☆* 見どころ ★パンジーの眼「私たちぬきに、私たちのことを決めないで。」 11月中旬。知的障害のある人たちが厚生労働省を訪れました。今、検討されているグループホーム再編に反対の署名を届けるためです。集まった署名は、およそ5万人。(12月の今、署名は7万人に増えています。) ★キッチン シリーズ世界のスープ旅⑥「ボルシチ~世界3大スープ」 だれでも知ってる「ボルシチ」。実はウクライナで生まれたのです。そしてウクライナではクリスマスイブに食べます。サンタクロースを待ちながら。 ★私の歴史 「心の声を聞いて」 自閉症を持っている野山高徳さん。自分の思いを言葉でつたえるのが苦手です。その野山さんが、写真を見ながら「私の歴史」を表情やしぐさで語ってくれました。心の声を(人生を)聞いてください。 ★ドキュメント 「健司は健司のままでいい③」 これまで2回にわたって放送をした「健司は健司のままでいい」。上田健司さんが、グループホームでの生活をはじめて1年。その今を追いました。自立への挑戦の物語です。 ご意見・ご感想お待ちしています。 https://ift.tt/3nahjyE *********************** 私たちは、知的障害のある人の暮らしや思いを 自ら社会に向けて発信することで、 社会を変えていきたいと願っています。 出演者や製作スタッフは、当事者と支援者です。 それぞれが自分の役割を持ち、協力して作っています。 1ヶ月に1回、新しい番組を放送しています。 ぜひシェアをお願いします。

from 社会福祉法人創思苑 https://ift.tt/38XIs0x
via IFTTT