未分類

新しい年が始まり、あっという間に10日が過ぎました。 パンジーⅡでは、近くの神社に毎年恒例の新年の初詣でに行きました。今年1年もよい1年でありますようにとか、今年こそ、コロナが収まって、色々なところへ出かけられますようになどなど、神様にお願いしてきました。 初詣には行けなかったですが、大きな決意をしたのが田上康夫さんです。それは、これまで40年以上吸ってきたたばこを辞めるということです。 きっかけは、昨年末体調を崩し、5日間ほど入院したことでした。退院してきた日、健康のことや、これからどうしていくか、田上さんと話し合いました。 その時、たばこをやめる提案をしました。田上さんは、静かにうなずきながら聞いていました。それからたばこを吸わなくなりました。今も、禁煙は続いています。 田上さんは、30代の頃大きな事故で脳を損傷し、12日間意識がなくなりました。その影響で、年を重ねるごとに徐々に体が動かしにくくなってきています。 特に、この半年間で急激に体の機能が変化してきました。何とか手すりにつかまりながら出来ていた自力での歩行も難しくなり、今は、車いすの生活になりました。 禁煙は、田上さんが少しでも元気に過ごせるために大きな決意です。 チェーンスモーカーだった田上さん。たばこがなくなっても、田上さんが楽しく満足して生活を送られるように、僕たちは全力で支援していきたいと思います。実は、僕も禁煙をして5日になります。でも辞めたと宣言するにはは、まだ自信がないです・・。(パンジーⅡ西野貴善)

from 社会福祉法人創思苑 https://ift.tt/38XIs0x via IFTTT

2022年01月12日

きぼうのつばさの「私の歴史」は、知的障害者が自分の人生を語りますが、今回の撮影は、いつもと雰囲気が違います。 それもそのはず、今回、私の歴史を語るのは職員の池辺昌史さんです。  どうしてパンジーで知的障害者の支援をする道を選んだのか、撮影に参加した当事者スタッフも興味津々で、収録を見守る目もいつも以上に? 真剣だったように思います。  収録を終え、番組プロデューサーの井道さんは「今はパンジーⅢで必死に仕事をしていますが、苦労してきて大変だったと思います。ぼくも感動しました」。樋口さんは「やっぱり苦労してきている。怖いと思う時もあったけど、やさしい人やと思えた」とのこと。 スイッチャーの山田さんは「すごく今までと違ってた。お母さんの事を考えると涙もろいねんなー」と、どこか楽しそう。  初の試みになる職員の私の歴史。皆様に好評でしたら、今後、続編があるかもしれません。その時は当事者会議で、次に私の歴史で観たい職員を募るのもいいかもしれませんね。  私の歴史「池辺昌史」のきぼうのつばさは2022年2月放送予定です。お楽しみに!(岩井)

from 社会福祉法人創思苑 https://ift.tt/38XIs0x via IFTTT

2022年01月04日

「恋を育てるワークショップ」に参加している2組のカップル。次なるステージを目指して、初デートです。 海が見える場所でデートをしたいと、4人で相談して天保山に行くことになりました。 天保山に到着すると、まずは大観覧車に乗りました。1周15分2人きりの時間。戻ってきたカップルに、どんな話をしたのかを尋ねると、「それは内緒」とのこと。 僕はなんと無粋な質問をしてしまったのだ・・・。4人は素敵な時間を過ごすことができたようです。 その後は、寿司屋で食事をし、カップルに分かれて好きなところに行きました。 樋口さんと中谷さんは、天保山アニパで動物と触れ合ったり、買い物を楽しみました。 天保山アニパでは、1匹のパグが樋口さんの車椅子をペロペロ舐めていて、中谷さんが一言、「樋口さん、焼き鳥のタレでも塗ってるんか?」。2人で大笑い。僕もおもわず吹き出してしまいました。 2人は、お揃いの靴下を買っていました。その後、同じ日に揃いの靴下を履いてきて見せびらかしてましたよ! めっちゃ仲良しです。 山田さんと冨田さんは、ゲームセンターで遊んだり、ウインドウショッピングを楽しんでから、クレープを食べました。デートといえばクレープです!(僕はそう思います) デート中は山田さんが積極的に話しかけていて冨田さんも嬉しそうでした。 ですが、せっかちな山田さんは、お店に入っても興味がないとすぐ外に出てしまうので、冨田さんが慌てて付いていく場面がありました。山田さん、女心をつかむには、それじゃあだめだよ! と、僕は心の中で突っ込んだのでした。 楽しい時間はあっという間に過ぎ、帰りの電車の中では、早くも次のデートはどこにいこうかと、みんなワクワクしていました。 僕はカップルの邪魔にならないように、次回もついていきます!      (山本)

from 社会福祉法人創思苑 https://ift.tt/38XIs0x via IFTTT

2021年12月28日

パンジーメディアが映像制作会社に?! なんてことになるかもしれません。 放送を始めて5年。影響は様々なところに広がっています。知的障害のある人たちの生の声を聴きたいという方々から、映像制作依頼がきています。これからも、よい番組を作って当事者の熱いメッセージを発信していきたいね! と、みんなで話しています。  第64回『きぼうのつばさ』2021年12月24日(金)放送をご案内いたします。見ていただき、感想やご意見をお寄せいただくと、とてもうれしいです。 ★パンジーメディアHP https://pansymedia.com *☆* イチオシ ★ドキュメント「健司は健司のままでいい③」 入所施設に入るかもしれなかった上田健司さん。地域で自立を目指して1年半。どんなに障害が重くても地域で自分らしくくらすことができる。その可能性を追いました。 *☆* 見どころ ★パンジーの眼「私たちぬきに、私たちのことを決めないで。」 11月中旬。知的障害のある人たちが厚生労働省を訪れました。今、検討されているグループホーム再編に反対の署名を届けるためです。集まった署名は、およそ5万人。(12月の今、署名は7万人に増えています。) ★キッチン シリーズ世界のスープ旅⑥「ボルシチ~世界3大スープ」 だれでも知ってる「ボルシチ」。実はウクライナで生まれたのです。そしてウクライナではクリスマスイブに食べます。サンタクロースを待ちながら。 ★私の歴史 「心の声を聞いて」 自閉症を持っている野山高徳さん。自分の思いを言葉でつたえるのが苦手です。その野山さんが、写真を見ながら「私の歴史」を表情やしぐさで語ってくれました。心の声を(人生を)聞いてください。 ★ドキュメント 「健司は健司のままでいい③」 これまで2回にわたって放送をした「健司は健司のままでいい」。上田健司さんが、グループホームでの生活をはじめて1年。その今を追いました。自立への挑戦の物語です。 ご意見・ご感想お待ちしています。 https://ift.tt/3nahjyE *********************** 私たちは、知的障害のある人の暮らしや思いを 自ら社会に向けて発信することで、 社会を変えていきたいと願っています。 出演者や製作スタッフは、当事者と支援者です。 それぞれが自分の役割を持ち、協力して作っています。 1ヶ月に1回、新しい番組を放送しています。 ぜひシェアをお願いします。

from 社会福祉法人創思苑 https://ift.tt/38XIs0x via IFTTT

2021年12月24日

須恵強さんの笑顔が多く見られる時は、誰かと一緒に何かに取り組んでいる時です。 パンジーでは、当事者と支援者がいっしょに1つのことに取り組む時間を作っています。 この日は、須恵さんをゲームに誘ってみました。 いつ壊れるか分からないドキドキゲーム。須恵さんは気に入ったようで、目を細めてニコニコしながら挑戦しています(笑) 倒したら、“しまった!”という感じで自分の手を叩いて悔しそうだけど、楽しそう。思わず支援者も笑顔になります。  別の日。パンジーの畑で有機栽培したサツマイモと、ダイコンの収穫へ行きました。 午前中、出掛ける前からホワイトボードの予定を支援者に伝えて、玄関前で待機するという、やる気満々の須恵さん。 畑では、どれを収穫しようか迷っているようでしたが、支援者と一緒に葉っぱを掴んで引き抜くと、すっと抜け、キャキャっと笑って採れたダイコンを見せてくれました。 苗の植え付けの時から畑に行って、須恵さんがいつも水をあげていたあの葉っぱが、こんなに大きくなったんですよと支援者が伝えると、少し考えて大事そうに両手で野菜を抱えていました。(藤木)

from 社会福祉法人創思苑 https://ift.tt/38XIs0x via IFTTT

2021年12月22日

『恋を育てよう』のワークショップで、講師の黒瀬さんから「最近は男女が触れ合う機会が少なくなってきている。昔はダンスパーティーとかあったのになぁ」という話があり、パンジーⅢではクリスマス会にダンスパーティーをすることになりました。 12月7日、ダンスのレッスンがあり、黒瀬さんと、友人の小山田さん夫妻が来てくれました。ダンスと言っても、社交ダンスです! 小山田さん夫妻がマンボを踊ってくれました。軽やかなステップにみんな、目を丸くして見とれています。自分たちも踊れるんかなぁ・・。と息をのんでいる様子です。 最初は初心者でも踊れる簡単なステップからスタート。しかし、いざ踊ると、手足が思っているように動かず、小山田さんたちのようにはいきません。 次に教えてくれたのは“ブルース”です。「職員が見本になって」と言われ、びっくり。ダンスを踊るのは高校の時のフォークダンス以来です。女性とペアになって踊るのも恥ずかしいやら、緊張するやらで、残念ながらみんなの見本にはなりませんでした。(でも楽しかったです)。 いよいよ当事者の番です。自然に男女のペアを組んでステップを踏みます。型どおりには足を運べないし、触れ合う手と手もぎこちないのですが、どの人も素敵な笑顔で踊っていて、気が付けばあっという間に1時間が過ぎていました。 社交ダンスの経験はなくても、音楽の中で触れ合うことや、ダンスのステップを楽しんでいる姿を見て、僕はクリスマス会を迎えるのが待ち遠しくなりました。黒瀬さんから「当日はミラーボールを準備しようか」という話も。みんなの練習にも熱が入ります。どんなダンスパーティーになるか、ドキドキです。(山本)

from 社会福祉法人創思苑 https://ift.tt/38XIs0x via IFTTT

2021年12月15日

ピープルファーストTシャツ、先行販売します!

第25回ピープルファースト大会in大阪のTシャツができました! 今回は2回に分けて注文をとります! 1回目の締め切りは7月19日です。 この夏、大会のTシャツを着て、盛り上げていきましょう! 今回のTシャツは前回の物と同…

2019年07月12日

Copyright © 2017 社会福祉法人 創思苑 All Rights Reserved.