未分類

小雨の降る日、パンジーメディアでは 撮影スタッフも最小限の人数で 伊藤恭介さんの「私の歴史」の撮影が ありました。 パンジー山岳部のメンバーとして ヒマラヤにも登った伊藤さんらしく スタジオ内のボルダリングウォールでの 撮影となりました。 伊藤さんが語る 家族、友達、ヒマラヤのこと。 そして、これからのこと。 いつも笑顔の伊藤さんからは 想像もつかない辛い出来事もありました。 30才になったら、、、 伊藤さんの考える新たな挑戦とは? 伊藤恭介さんの「私の歴史」。 6月の放送をお楽しみに。

from 社会福祉法人創思苑 https://ift.tt/38XIs0x via IFTTT

2021年04月29日

from 社会福祉法人創思苑 https://ift.tt/38XIs0x via IFTTT

2021年04月29日

パンジーⅤでは、高松市鶴市町にある産直市場「さぬきマルシェ」に、毎週野菜を出荷しています。 野菜を持って行き、店の機械でバーコードシールを印刷して商品に貼り、売り場に野菜を並べるまでが仕事です。 愛情たっぷり注いだ野菜、沢山の人に食べてもらいたい。もっともっとみんなに知ってもらいたい。そんな想いから、一人ひとりの顔写真つきのシールを作って野菜袋に貼っています。「ちょっと恥ずかしいなぁ」「私のだけ残ったら嫌だなぁ」「きれい」「いっぱい売れたらいいな!」と、声はそれぞれ、でも顔は笑顔。 野菜を出荷した翌日にも、「昨日、マルシェ行ってきたよ」「パンジーの野菜売れてたよ」と、売れているのか気になる様子です。 これからも、地域の人たちがパンジーⅤの野菜を食べて「おいしかったよ」と言ってくれるように、もっともっと優しい味の野菜を作っていきます!(松谷)

from 社会福祉法人創思苑 https://ift.tt/38XIs0x via IFTTT

2021年04月28日

「あいうえお体操しよか!」昼食前に、どこからともなく声が上がります。今日の声掛けは表さん。10回のカウント係は川口さん。高らかに手を上げます。表さんの「せーの!」の声掛けで「あ・い・う・べぇー」と嚥下(えんげ)の体操をします。最後に「皆さん、食べる前にしっかりお茶飲んでください!」の掛け声で終了です。 3月から始めた取り組み。きっかけは、食事のときにむせる人がいたからです。 最初は恥ずかしさや戸惑いがあった人たちにも『自分の身はまず自分で守る』事の大切さを丁寧に伝え、少しずつ広がりました。そして誰かが率先して体操のリードを取るパンジーⅢになりました。 明日は誰の声掛けで体操が始まるのか楽しみです。(梶原)

from 社会福祉法人創思苑 https://ift.tt/38XIs0x via IFTTT

2021年04月27日

第56回『きぼうのつばさ』 2021年4月23日(金)放送をご案内いたします。 ★パンジーメディアHP http://pansymedia.com ◇イチオシ 「あなたは性について知っていますか?セクシュアリティを学ぶ」 シリーズ2回目。今回は、「どうやって人は生まれるのか」を学びます。 ◇見どころ パンジーの眼 スウェーデンで発行された、「人間としての尊厳(日本語版)」。 知的障害を持つ なかまや支援する人に ぜひ読んでほしい本です。 今回は、第4章「みんなといっしょに生きるために大切なこと」を、しょうかいします。 キッチン「ちらしずしにちょうせん」 満開のさくら、外はポカポカしています。 パンジーキッチンに「ちらしずし」を、楽しみにやってきたお客さん。 でも、かんじんのシェフがいません。 そこで立ち上がったのは、お客で来ていた生田進さん。 はたして、「ちらしずし」はうまくできたのでしょうか。 ドキュメント「あなたは性について知っていますか?セクシュアリティを学ぶ」 パンジーで開かれた「性のワークショップ」、シリーズ2回目です。 今回は、第3章「はじまりはみんな女」、第4章「自分でがんばって生まれる」です。 命の始まりは、みんな女でした。おなかの中で子どもがどう育っていくのかを学びます。 そして、じっさいに生まれる体けんもします。 安産で生まれた人もいれば、なかなか生まれることができなかった人も。 それぞれが発見したこととは・・・ ご意見・ご感想お待ちしています。 https://ift.tt/3nahjyE *********************** 私たちは、知的障害のある人の暮らしや思いを 自ら社会に向けて発信することで、 社会を変えていきたいと願っています。 出演者や製作スタッフは、当事者と支援者です。 それぞれが自分の役割を持ち、協力して作っています。 1ヶ月に1回、新しい番組を放送しています。 ぜひシェアをお願いします。

from 社会福祉法人創思苑 https://ift.tt/38XIs0x via IFTTT

2021年04月23日

5年目を迎えたパンジーメディアですが さらなるステップアップの意味もこめて 「ヒマラヤの青い空と白い雪がくれたもの」でも 撮影していただいたプロカメラマンの折笠氏に レクチャーを受けました。 撮影の基本の再確認から 自分たちでは気づけなかったスタジオセットのことや ライティングや機材のことまで プロの眼で優しく、ときに厳しく、 丁寧にレクチャーしていただきました。 私自身は今回が初めての参加でしたが 基本の動作を愚直に繰り返すということが これは撮影でも編集でも全てにおいて 大切だなとあらためて確認しました。 自分の担当だけでなく メディアの仕事全体をもっと理解できれば 現場での動きも変わり、 もっといろいろな角度から気を配れるようになれる。 その為にも基本をしっかり見つめなおし ひとつひとつ実直に積み上げていこうと思います。 こんな私をはじめ メディアに関わるメンバー全員が それぞれ刺激を受けた数日間でした。 今後とも5年目をむかえる パンジーメディアをよろしくお願いします。

from 社会福祉法人創思苑 https://ift.tt/38XIs0x via IFTTT

2021年04月21日

パンジーⅡで、2月から始まった園芸。春になり暖かくなってきて、すくすくと順調に育ってきています。 種から植えたミニトマトやトウモロコシも青々としてきました。もうすぐポットに植え替えることもできそうです。 水やりは、高山久美子さん、河野陽子さんの役割です。2人とも、毎日欠かさず水やりをしています。 植物を育てていると、毎日小さな変化を感じます。昨日まで出ていなかった芽が出たり、葉っぱが増えたりしています。 高山さんや河野さんたちと、「大きくなってきたね!」と話しています。高山さんはいつも「ありがとう!」とにっこりします。 園芸の活動が、パンジーⅡに暖かい時間をくれています。(西野)

from 社会福祉法人創思苑 https://ift.tt/38XIs0x via IFTTT

2021年04月17日

パンジーメディアでは朝から 4月23日放送予定のきぼうのつばさの プロデューサー試写がありました。 ~パンジーキッチン~ 「ひとりでは、無理だけど生田さんが教えてくれるなら 自分にも作れそう。」と山田さん。 「きんしたまごにも ちょうせんしてみたい」と辰巳さん。 「生田さんの雰囲気が絵になっていました」 というのはプロデューサーの井道さん。 ~性のワークショップ~ 「はじめて、こういう講座を聞いたので、 すごく覚えている」と有光さん。 中谷さんからは 「生まれるということが、よくわからなかったけど 体験してみて、よくわかった」という感想がありました。 「生まれてくるのが、どんなにたいへんだったのかを知って すごく前向きな気持ちになってもらえると思う」 というのはプロデューサーの樋口さん。 このように当事者自身のチェックが入り 皆さんに観ていただける番組になります。 そんなきぼうのつばさの次の放送は 4月23日です。 番組の最後には 新しくはじまる企画の案内もありますよ。 どんな企画なのかは、ぜひお楽しみに!

from 社会福祉法人創思苑 https://ift.tt/38XIs0x via IFTTT

2021年04月14日

みなさん、新年度がはじまって いかがお過ごしですか? パンジーに通う堀川幸子さんは、いろんな予定が気になることがあります。 いつも来てくれている歯科の先生が来れなくなって、この日はずっとソワソワしていました。 まわりの人に「まだ?」と、何度も確認し、何度も来れなくなったことを伝えていました。 しばらくして、「こないだ、チューリップの球根を植えたのおぼえてますか?」と聞いてみると、堀川さんは思い出したようで、「チューリップまだかな?」とチューリップの予定を聞くようになりました。 そこで、一緒に中庭に出て、チューリップを触りました。堀川さんは「チューリップ? チューリップ咲いたな!」と言いながら、思わずにっこり。春のぽかぽか陽気に、嬉しい予定確認になりました。(平井)

from 社会福祉法人創思苑 https://ift.tt/38XIs0x via IFTTT

2021年04月07日

from 社会福祉法人創思苑 https://ift.tt/38XIs0x via IFTTT

2021年04月04日

Copyright © 2017 社会福祉法人 創思苑 All Rights Reserved.