やまゆり園事件から5年 2016年7月26日、神奈川県の津久井やまゆり園で多くの障害者が犠牲になりました。それから、5年になります。そこには新しい入所施設が建ち、8月には入居が始まると聞きます。この状況を、パンジーメディアの当事者たちはどう考えているのか、2日間かけて新聞記者の取材がありました。 記者の質問に答える当事者の発言を聞きながら、「当事者の想いを聞く大切さ」を学んだ2日間でした。いくつかを紹介します。 ・入所施設は、作ってほしくなかった なぜ、入所施設をつくるのか? 私は、入所施設にいる時、毎 日同じ生活が続いた。そして、いつ職員に怒られるかとびくびくしていた。 ・知的障害者は、だれも入所施設にいたいとは思っていない。経験がないからどうしたらいいかわからないだけだ。 ・一人でも多くの当事者に地域でくらしてほしい。 ・行動障害のある人も、パンジーでは地域で暮らしている ・植松死刑囚も、パンジーで働いていたら、当事者の職員面接などのあるので、殺したりしなかったかもしれない。

from 社会福祉法人創思苑 https://ift.tt/38XIs0x
via IFTTT